お子様連れにも人気のお店 壬生モクレン 西新道錦会商店街内

【代表】 川口 まり絵 さん
お店のドアを開けると、そこには大きな木。赤いチェアが並ぶカウンターの向こう側からは、川口さんが素敵な笑顔と軽快なトークで迎えてくださいます。

 お昼は喫茶とバー、夜はダイニングバーとして営業されています。2階にはお座敷があり、ゆっくりと食事が楽しめるので、お子様連れのお母さんにも人気です。
 今後は、2階のスペースを活かしてワークショップの開催も進めていく予定です。
メニューでのイチオシは、たまごサンド。パンとタマゴのふわふわ柔らかい食感と味が楽しめます。

壬生モクレン
住   所 京都市中京区壬生下溝町60番地15 (西新道錦会商店街内)
電   話 090-2039-4774
営 業 時 間 11時~15時、17時~23時
定 休 日 日曜日、月曜日 不定休あり
instagram @mibu_mokuren

補助制度利用について

川口さんに京都市補助制度についてお話をうかがいました。

-改装と京都市補助制度(※)の利用についてお教えください
※平成29年度京都市商店街空き店舗解消促進事業における補助制度
 改装費はおよそ600万円で、そのうちの150万円を補助してもらえました。開業を検討していたときに、市役所に電話をかけ、この補助制度があることを知りました。担当の方にはとてもお世話になりました。

-ビジネスプラン作成のご苦労はありましたか?
 独立する以前は、バーでマネージャーに就いており、会計を担当していたので、ビジネスプランの作成は乗り越えることができましたが、書類作成にあたっては、京都商工会議所の方に大変お世話になりました。
 現在は、自分が立てたビジネスプランが、どこまで達成できているかをチェックしています。

-商店街について
 料理に使用する食材を商店街のお店で買ったり、回覧板をお隣のお店と回したりと、商店街の方とは様々な形で関わりを持たしてもらっています。
 最近は、高齢化により商店街の組合員も減少していますが、このお店を営業していくことで、商店街を盛り上げていきたいです。
 また、住宅街の中にあるので、近所の子ども連れのお母さんをはじめ、ご近所の憩いの場になるお店にしていきたいです。
 
-今後、京都市内へ出店をめざす方へのアドバイスを御願いします
 私は今の物件を見つけた時、不思議と迷いがなかったので即決で決めました。
 物件との出会いは一期一会です。良い物件と出会えたらすぐに決断した方が良いと思います。

出店先商店街